広報・PR

広報・PRでなぜ
ドキュメンタリー動画が
生きるのか

短い時間に多くの情報を伝えることができる

広報やPRにドキュメンタリー動画を活用する一番のメリットには、短時間に多くの情報を伝えられることにあるでしょう。視覚と聴覚へ直接情報を伝える動画は、文字よりも多くの情報を伝えることが可能です。また、文字情報だけの場合、情報の受け取り側の解釈によっては違ったニュアンスで伝わってしまう恐れもありますが、動画であれば、正確にイメージを共有することができ、より的確に情報を伝えることができます。

効率的にイメージアップを図ることができる

企業のブランドイメージやコンセプト、技術といった形のないものを伝える場合、文字情報のみだと伝わりづらいことがあります。ストーリー性のあるドキュメンタリー動画であれば、企業のメッセージがより伝わりやすくなるだけでなく、共感を生みやすくする効果も期待できます。また、チラシといった紙媒体よりも、ストーリー性のある動画の方が、より印象が残りやすいため、効率的にイメージアップを図ることができるでしょう。

広報・PR動画 制作時に気を付けるべきポイント

制作前に動画のコンセプトや目的を明確にしておく

広報やPR用としてドキュメンタリー動画を制作する際、重要なのが動画のコンセプトや目的を予めはっきりと決めておくことです。この点が曖昧なまま動画制作してしまうと、出来上がってから思っていたイメージと違うなんてことになりかねません。動画で会社の何を伝えるのか、そして何を達成したいのかを明確にし、伝える対象(ターゲット)と合わせて事前に準備しておきましょう

動画を活用するメディアを決めておく

制作した動画をどのメディアで活用するのかも、予め決めておく必要があります。TVCMで流すのか、またはYouTubeやFacebookといったSNSを利用するのか、それともデジタルサイネージを使うのか、利用するメディアによって制作の仕方も異なってきます。さらに、メディア選びは予算にも影響がでてきますので、動画のコンセプトや目的、ターゲットに合わせて、事前に決めておくのがベターです。

打ち合わせを丁寧に行ってくれる制作会社に依頼する

制作会社に依頼をしてドキュメンタリー動画を制作してもらう場合、こちら側の要望に真摯な姿勢で対応してくれそうかどうか、見極めることが大切です。意思疎通に齟齬が生じるようであれば、期待外れの動画が出来上がってくる可能性もあります。そのため、打ち合わせを丁寧に行ってくれて、色々と提案をしてくれる会社を選びましょう。

注目のドキュメンタリー動画制作会社
動画の方向性別にピックアップ

当サイトでは掲載しているドキュメンタリー動画制作会社の中から、求める動画の方向性別におすすめしたい制作会社を3社ピックアップ。それぞれの方向性をわかりやすくポジショニングしてみました。

ドキュメンタリー動画制作会社を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

ドキュメンタリー動画の
おすすめ制作会社をチェックする

広報・PRのドキュメンタリー動画の事例

ザ ファースト ステップ 津田耕太郎

一般の人達へ投資の基礎的な考え方をわかりやすく伝えるため、これまでのキャリアを捨て起業した津田氏に密着取材。この仕事を始めるに至った経緯や今後の展望について迫っています。

ブレインワークス ベトナムビジネス視察ツアー

ブレインワークス主催のベトナムビジネス視察ツアーの様子を伝えるドキュメンタリー動画。経済報道記者がツアーに同行し、主催者やツアー参加者にインタビューを行っています。

可能性無限大1万人LIVE 奇跡への軌跡ドキュメンタリー

1人の無名なイベント講師がライブで10,000人集客するプロジェクトに挑戦したドキュメンタリー動画。動画が公開されるや否や大きな反響を呼び、2日間で12,000人を集客しました。

引用元:YouTubehttps://youtu.be/i84OFLQ35k8

ドキュメンタリー動画制作の制作会社を比較する

Pick Up
注目のドキュメンタリー動画制作会社
ピックアップ
スタジオamu
日本民間放送連盟主催の
賞の受賞歴あり
ドキュメンタリー
ブランディング
YouTubeの実績として
300万回以上の
再生数
メディア
フォーユー
2分15万円~で
依頼が可能
価格重視
クオリティ重視
ストーリー重視で
感動を与える
⻑編動画
いまバズるのが
重要!
短編動画

【選定理由】
2022年4月25日時点で、Googleにて「ドキュメンタリー動画制作」「ドキュメンタリー動画制作会社」等と検索して上位表示された24社の内、企業向けの動画制作に対応をした会社から、以下の理由を基に選定。
・10年先でも見続けられる長編動画×クオリティ重視…スタジオamu ⇒テレビ番組制作にも携わる会社×条件内で唯一、日本民間放送連盟主催の賞の受賞歴あり※参考元:スタジオamu公式HP(https://studioamu.jp/
・いまバズる短編動画×クオリティ重視…ドキュメンタリーブランディング ⇒Web掲載に特化した会社×YouTubeの実績として300万回以上の再生数あり※参考元:ドキュメンタリーブランディング公式HP(https://documentarybranding.com/
・いまバズる短編動画×とにかく安く…メディアフォーユー ⇒Web掲載に特化した会社×2分15万円~(税不明)で依頼が可能(条件内で最安)