採用・求人募集

採用・求人募集動画でなぜ
ドキュメンタリー動画が
生きるのか

企業の魅力を効率的に伝えることができる

採用・求人募集向けのドキュメンタリー動画の長所は、言葉や文章では伝えづらい社風や企業のイメージを、映像や音声を使って新卒者達に伝えやすくするところにあります。また、会社説明会など時間が限られているような場所では、手短に説明を行わなくてはいけません。ドキュメンタリー動画であれば、短い時間でも効率的に会社について多くの情報を就活生に伝えることができます。

職場のイメージを掴んでもらいやすくなる

就活生にとって、希望する会社の事業概要や待遇、福利厚生といった情報も大切ですが、入社後どのような環境で働くことになるのかも気になるところでしょう。実際に働いている社員のインタビューや1日の仕事の流れ、職場風景などを交えたドキュメンタリー動画であれば、入社後のイメージがつかみやすくなり、新卒者達へ安心感を与える効果も期待できます。安心感が生まれれば、入社志望への意欲にもつながってくることでしょう。

採用・求人募集動画の制作時に気を付けるべきポイント

動画制作の目的やターゲットを予め明確にしておく

採用・求人募集向けのドキュメンタリー動画を制作するにあたって、事前に目的やターゲットを絞り込んでおく必要があります。自社の事業概要を知ってもらうためなのか、それとも就活生との齟齬を解消するためなのか、目的の違いによっても制作の仕方は変わってくるでしょう。他にも、新卒者向けまたはキャリア採用向けといったターゲットの違いによっても、訴求方法が異なってきます。

採用される側に立って動画に盛り込む情報を決める

採用側の伝えたい情報と就活生側の知りたい情報というのは、必ずしも一致しているわけではありません。採用側の主観のみで、採用・求人募集向けのドキュメンタリー動画が制作されてしまうと、就活生が知りたかった情報が盛り込まれていなかったなんてこともあり得ます。若手社員にヒアリングをし、採用される側にも立った動画制作をする必要があるでしょう

動画を使用するシチュエーションを想定して制作する

求人サイトなどへ動画を掲載するような場合は、サイトによっては時間制限を設けられているものもあるため、予め時間を確認しておく必要があるでしょう。一般的には1~2分と短く設定されているものが多いようです。企業説明会のような場所で活用するのであれば、ある程度尺を長く持たせてしっかり見せることで、就活生の印象にも残りやすくなります。

注目のドキュメンタリー動画制作会社
動画の方向性別にピックアップ

当サイトでは掲載しているドキュメンタリー動画制作会社の中から、求める動画の方向性別におすすめしたい制作会社を3社ピックアップ。それぞれの方向性をわかりやすくポジショニングしてみました。

ドキュメンタリー動画制作会社を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

ドキュメンタリー動画の
おすすめ制作会社をチェックする

採用・求人募集のドキュメンタリー動画の事例

ヤマハ採用動画

ヤマハのリクルート向けに制作されたドキュメンタリー動画です。同社のスピーカー開発に携わるエンジニアに密着取材。開発中の予期せぬトラブルに、チーム一丸となって対応する様子などが収められています。

大和製函 リクルート動画

段ボール製造業を営む大和製函のリクルート用として制作されました。事業概要や理念、同社の段ボール製造技術を紹介するとともに、社長や社員たちのインタビューを通じ、仕事へのやりがいも語られています。

Industry Co-Creationサミット 紹介動画

「Industry Co-Creationサミット」の裏方で活躍するボランティアスタッフたちに密着したドキュメンタリー動画。インタビューを通じ、自らのスキルアップのために、同サミットのボランティアに志願するスタッフたちの想いに迫っています。

ドキュメンタリー動画制作の制作会社を比較する

Pick Up
注目のドキュメンタリー動画制作会社
ピックアップ
スタジオamu
日本民間放送連盟主催の
賞の受賞歴あり
ドキュメンタリー
ブランディング
YouTubeの実績として
300万回以上の
再生数
メディア
フォーユー
2分15万円~で
依頼が可能
価格重視
クオリティ重視
ストーリー重視で
感動を与える
⻑編動画
いまバズるのが
重要!
短編動画

【選定理由】
2022年4月25日時点で、Googleにて「ドキュメンタリー動画制作」「ドキュメンタリー動画制作会社」等と検索して上位表示された24社の内、企業向けの動画制作に対応をした会社から、以下の理由を基に選定。
・10年先でも見続けられる長編動画×クオリティ重視…スタジオamu ⇒テレビ番組制作にも携わる会社×条件内で唯一、日本民間放送連盟主催の賞の受賞歴あり※参考元:スタジオamu公式HP(https://studioamu.jp/
・いまバズる短編動画×クオリティ重視…ドキュメンタリーブランディング ⇒Web掲載に特化した会社×YouTubeの実績として300万回以上の再生数あり※参考元:ドキュメンタリーブランディング公式HP(https://documentarybranding.com/
・いまバズる短編動画×とにかく安く…メディアフォーユー ⇒Web掲載に特化した会社×2分15万円~(税不明)で依頼が可能(条件内で最安)