商品・サービスの広告(BtoC)

商品・サービスの広告でなぜ
ドキュメンタリー動画が
生きるのか

商品やサービスの使用感をより具体的に伝えられる

文字や画像のみの広告だと、商品やサービスの内容によっては、表現するのが難しく伝わりづらいこともあります。ですが、ドキュメンタリー動画を活用することで、商品やサービスの魅力を手短にわかりやすく伝えることが可能となります。また、動画の良い所は、商品やサービスを実際に使用しているイメージを伝えやすい点にあります。ドキュメンタリー動画であれば、大勢の消費者に効率的にPRすることができます。

SNSとの併用で商品やサービスの魅力を拡散できる

YouTubeやTwitter、InstagramをはじめとするSNSの普及によって、口コミで企業の商品やサービスが拡散されるケースは珍しくありません。中には、口コミがバズったことで大ヒットとなった商品やサービスもあるくらいです。SNSで情報発信する際は、文字や画像よりも動画の方がよりわかりやすく商品やサービスをアピールできるため、口コミなどで拡散される可能性も高くなります。

商品・サービスの広告動画の
制作時に
気を付けるべき
ポイント

動画制作する目的とターゲットを決めておく

ドキュメンタリー動画を制作する前に、動画を制作して何がしたいのか(目的)と視聴層は誰を想定しているのか(ターゲット)を決めておく必要があります。この目的とターゲットが定まっていないと、制作方針もぼやけてしまい訴求力のない動画が出来上がってしまいます。成果をきちんと出すためにも、目的とターゲットはしっかり練りこんでおきましょう。

自分ごと化し共感が得られる構成を考える

商品やサービスに興味をもってもらうためには、魅力を単に伝えるだけでなく、「この商品やサービスを手にすることでメリットが得られる」と自分ごととして考えてもらうことも大切です。自分ごと化し共感をしてもらうためには、動画にストーリー性を持たせることが有効です。ドキュメンタリー動画を得意とする制作会社であれば、ストーリーのある動画制作を行ってくれるでしょう。

どのメディアで動画を活用するか明確にしておく

TVCMやWEBCM、インフォマーシャル、YouTubeやFacebookといったSNS、デジタルサイネージなど動画を使って自社の商品やサービスをPRできるメディアは数多くあります。動画を流すメディアによって制作内容も変わってきますので、動画を制作する目的やターゲットに応じて、利用するメディアも選定しておきましょう

注目のドキュメンタリー動画制作会社
動画の方向性別にピックアップ

当サイトでは掲載しているドキュメンタリー動画制作会社の中から、求める動画の方向性別におすすめしたい制作会社を3社ピックアップ。それぞれの方向性をわかりやすくポジショニングしてみました。

ドキュメンタリー動画制作会社を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

ドキュメンタリー動画の
おすすめ制作会社をチェックする

商品・サービスの広告(BtoC)のドキュメンタリー動画の事例

カーディフ損害保険 お客様インタビュー動画

夫婦の夢であったマイホームと喫茶店を手に入れてから10年後、夫を突然襲った病。不安を抱えながら保険金を請求した当時の様子を、夫婦へのインタビューを通じて紹介しています。

引用元:Youtubehttps://youtu.be/hSl8HVYMRUk

シンジャパン 秋田・田舎漬け紹介動画

秋田の食料品を扱うシンジャパンの田舎漬けを紹介する動画です。製造に携わる婦人会の女性たちにインタビューを行い、田舎漬けのルーツや製造の苦労などを紹介。丹精込めて作られている様子が伺える動画となっています。

引用元:Youtubehttps://youtu.be/yFncMrx87xo

Move Hair 女性用お顔そり紹介動画

東京都内にあるMove Hair1の女性用お顔そりサービスを紹介した動画。施術を行うスタッフやお客様のインタビューを通して、お肌を傷めないお顔そりの効果や特徴について紹介しています。

ドキュメンタリー動画制作の制作会社を比較する

Pick Up
注目のドキュメンタリー動画制作会社
ピックアップ
スタジオamu
日本民間放送連盟主催の
賞の受賞歴あり
ドキュメンタリー
ブランディング
YouTubeの実績として
300万回以上の
再生数
メディア
フォーユー
2分15万円~で
依頼が可能
価格重視
クオリティ重視
ストーリー重視で
感動を与える
⻑編動画
いまバズるのが
重要!
短編動画

【選定理由】
2022年4月25日時点で、Googleにて「ドキュメンタリー動画制作」「ドキュメンタリー動画制作会社」等と検索して上位表示された24社の内、企業向けの動画制作に対応をした会社から、以下の理由を基に選定。
・10年先でも見続けられる長編動画×クオリティ重視…スタジオamu ⇒テレビ番組制作にも携わる会社×条件内で唯一、日本民間放送連盟主催の賞の受賞歴あり※参考元:スタジオamu公式HP(https://studioamu.jp/
・いまバズる短編動画×クオリティ重視…ドキュメンタリーブランディング ⇒Web掲載に特化した会社×YouTubeの実績として300万回以上の再生数あり※参考元:ドキュメンタリーブランディング公式HP(https://documentarybranding.com/
・いまバズる短編動画×とにかく安く…メディアフォーユー ⇒Web掲載に特化した会社×2分15万円~(税不明)で依頼が可能(条件内で最安)