ドキュメンタリー動画制作サポートサイト「As Is ドキュメンタリー」 » 企業や自治体のためのドキュメンタリー動画制作

企業や自治体のためのドキュメンタリー動画制作の基礎知識

ドキュメンタリー動画制作の際に知っておきたいこと

ドキュメンタリー動画と他の動画の違い

ドキュメンタリー動画とは特定の人物、企業などのありのままの姿を伝える動画のことです。基本的に事実だけを取り上げたノンフィクションになります。他の動画とドキュメンタリー動画の違い、どういった点で企業PRに活用できるのか紹介します。

ドキュメンタリー動画と他の動画の違い
について詳しく見る

ドキュメンタリー動画にかかる制作費

企業のPR動画を最近話題のドキュメンタリー動画にしてみたいが費用が気になるという担当者も多いのではないでしょうか。ここではドキュメンタリー動画の制作費用を解説。制作は撮影だけではなくさまざまな工程があり、ひとつひとつ費用がかかります。費用概算のためにはまず工程を理解しましょう。

ドキュメンタリー動画にかかる制作費
について詳しく見る

ドキュメンタリー動画制作スケジュール

企業PRの手段として注目されているドキュメンタリー動画。「うちの会社でも制作してみたい。でも制作の流れがわからない」という人も多いでしょう。まずはドキュメンタリー動画の制作スケジュールを見てみましょう。

ドキュメンタリー動画制作スケジュール
について詳しく見る

ドキュメンタリー動画はどこで発表するのか

企業PR用のドキュメンタリー動画というと最近では「YouTube」に発表するイメージを持っている人も多いかもしれません。ですが実は「公式サイト」「SNS」「式典」のように、さまざまな発表場所があります。それぞれどのようなユーザーに向けて展開をすべきかなど解説します。

ドキュメンタリー動画はどこで発表するのか
について詳しく見る

よいドキュメンタリー動画の条件

ドキュメンタリー動画とは、ありのままの姿を映した作品です。最近、企業PR用としても注目されていますが、社内の普段の風景を撮影しただけでは「作品」としては成立しません。企業というわかりにくいものを親しみやすく多くの人に伝えなければいけないのですから、構成が大事になってきます。

よいドキュメンタリー動画の条件
について詳しく見る

ドキュメンタリー動画は自社制作できる?

企業PRという目的があるならば、ただありのままを映しただけのドキュメンタリー動画では不十分です。企業の本当の姿をいかに魅力的に訴求するか、企画力が問われます。まず、ターゲットを明確にしなくてはいけません。届けたい層に応じて企画も異なってくるからです。企画力はもちろんのこと、こういったマーケティングの知識も必要になります。

ドキュメンタリー動画は自社制作できる?
について詳しく見る

ドキュメンタリー動画のナレーション

ドキュメンタリー動画を観ている視聴者がより内容を深く理解するために、ナレーションを入れることがあります。ナレーションを入れる際には、動画の雰囲気に合った話し方をするこに加え、わかりやすい言葉で老若男女を問わず誰にでも伝わりやすいナレーションを入れることが大切です。

ドキュメンタリー動画のナレーション
について詳しく見る

Pick Up
注目のドキュメンタリー動画制作会社
ピックアップ
スタジオamu
日本民間放送連盟主催の
賞の受賞歴あり
ドキュメンタリー
ブランディング
YouTubeの実績として
300万回以上の
再生数
メディア
フォーユー
2分15万円~で
依頼が可能
価格重視
クオリティ重視
ストーリー重視で
感動を与える
⻑編動画
いまバズるのが
重要!
短編動画

【選定理由】
2022年4月25日時点で、Googleにて「ドキュメンタリー動画制作」「ドキュメンタリー動画制作会社」等と検索して上位表示された24社の内、企業向けの動画制作に対応をした会社から、以下の理由を基に選定。
・10年先でも見続けられる長編動画×クオリティ重視…スタジオamu ⇒テレビ番組制作にも携わる会社×条件内で唯一、日本民間放送連盟主催の賞の受賞歴あり※参考元:スタジオamu公式HP(https://studioamu.jp/
・いまバズる短編動画×クオリティ重視…ドキュメンタリーブランディング ⇒Web掲載に特化した会社×YouTubeの実績として300万回以上の再生数あり※参考元:ドキュメンタリーブランディング公式HP(https://documentarybranding.com/
・いまバズる短編動画×とにかく安く…メディアフォーユー ⇒Web掲載に特化した会社×2分15万円~(税不明)で依頼が可能(条件内で最安)