工業製品メーカー

工業製品メーカーでのドキュメンタリー動画の活用事例

大村製作所/製造工程の説明

引用元:YouTubehttps://youtu.be/QZbwqchO-UE

金属部品の切削加工自動工程7ラインを記録したドキュメンタリー動画です。加工前の金属素材がオートメーションで自動搬送されながら製品ができあがるまでの様子を追います。BGMをリズミカルなロック音楽にすることで高揚感を演出。日常生活の中ではほとんど目にすることのないミクロの違いも許されないシビアな世界をテンポ良く描き、親しみを感じさせるのに成功しています

株式会社シマノ/製品PR

釣り器具メーカーが自社製品のひとつ「TWINPOWER」を紹介するドキュメンタリー動画です。プロ釣り師による沖縄ロケによる釣りシーンなどを盛り込み「TWINPOWER」を使えば素晴らしい釣り体験ができることをアピール。釣り師へのインタビューも行い、製品特性や使用感をプロ目線から発信し、信頼性のある情報をユーザーに届けます。プロ釣り師の語りをメインとして、テロップなしでも製品の魅力を生々しく伝える動画が完成しました

株式会社DREMAX/BtoB向け製品PR

引用元:YouTubehttps://youtu.be/lPJZhVve0oQ

企業向けの食品スライス専用機器、スーパースライサー「F-2000シリーズ」の商品PR動画です。機械がさまざまな食品をスライスしている実演動画と、開発に携わったエンジニアや経営者へのインタビューで構成されています。機械の優れた性能はもちろん「食文化を進化させたい」という企業理念をアピール。BtoB製造業は製品の魅力を伝えにくいものですが、ドラマチックなBGMを利用するなどして訴求力のあるドキュメンタリー動画となっています

注目のドキュメンタリー動画制作会社
動画の方向性別にピックアップ

当サイトでは掲載しているドキュメンタリー動画制作会社の中から、求める動画の方向性別におすすめしたい制作会社を3社ピックアップ。それぞれの方向性をわかりやすくポジショニングしてみました。

ドキュメンタリー動画制作会社を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

ドキュメンタリー動画の
おすすめ制作会社をチェックする

工業製品メーカーでドキュメンタリー動画が生きるシーンは

製品および製造現場のPR動画

製品の魅力や機能、製造現場の清潔さなどを具体的に説明できます。製品そのものの素晴らしさに合わせ、品質管理をしっかりと行っている工業製品メーカーであることを印象付けられるでしょう。せっかく取得したISO9000を、よりわかりやすくPRする方法はないかと探している企業にもおすすめです。

技術研修用のマニュアル動画

製品を製造するための機械の操作方法を記載したマニュアルはどうしても分厚くわかりにくいものになりがちです。しかし、ドキュメンタリー動画ならばコンピューターグラフィックスやモーショングラフィックスを使用して直感的にわかりやすいマニュアルを制作することも可能。技術研修に費やす時間を大幅に短縮できるでしょう。

採用説明会で上映する動画

ドキュメンタリー動画ならば実際の作業風景や、スタッフがモノづくりへの意気込みを語るシーンなども盛り込めます。テレビのドキュメンタリー番組風のカメラワーク、BGMによって学生が「かっこいい」と感じ、入社意欲を高めるような動画も制作できるでしょう。優秀な学生を採用したい企業にもおすすめです。

制作時に気を付けるべきポイント

工業製品メーカーのドキュメンタリー動画を制作する際に注意したいのは「わかりやすさ」です。たとえば、工場內部を撮影するならば、きちんと製造ラインを理解して的確な場所を撮影しなければいけません。

さらに、工場内部は撮影環境として厳しい部類です。立入禁止ゾーンもありますし、照明を置けないエリアもあるでしょう。したがって、どのような環境下でもクオリティの高い写真を撮影できるプロにまかせるのが安心です。ぜひ一度、相談してみてはいかがでしょうか。

ドキュメンタリー動画制作の制作会社を比較する

Pick Up
注目のドキュメンタリー動画制作会社
ピックアップ
スタジオamu
日本民間放送連盟主催の
賞の受賞歴あり
ドキュメンタリー
ブランディング
YouTubeの実績として
300万回以上の
再生数
メディア
フォーユー
2分15万円~で
依頼が可能
価格重視
クオリティ重視
ストーリー重視で
感動を与える
⻑編動画
いまバズるのが
重要!
短編動画

【選定理由】
2022年4月25日時点で、Googleにて「ドキュメンタリー動画制作」「ドキュメンタリー動画制作会社」等と検索して上位表示された24社の内、企業向けの動画制作に対応をした会社から、以下の理由を基に選定。
・10年先でも見続けられる長編動画×クオリティ重視…スタジオamu ⇒テレビ番組制作にも携わる会社×条件内で唯一、日本民間放送連盟主催の賞の受賞歴あり※参考元:スタジオamu公式HP(https://studioamu.jp/
・いまバズる短編動画×クオリティ重視…ドキュメンタリーブランディング ⇒Web掲載に特化した会社×YouTubeの実績として300万回以上の再生数あり※参考元:ドキュメンタリーブランディング公式HP(https://documentarybranding.com/
・いまバズる短編動画×とにかく安く…メディアフォーユー ⇒Web掲載に特化した会社×2分15万円~(税不明)で依頼が可能(条件内で最安)