ドキュメンタリー動画のナレーション

ドキュメンタリー動画にナレーションを入れる効果

動画の内容がより鮮明に伝わる

ドキュメンタリー動画にナレーションを入れることで、現場で起こっていることや登場人物の心情を、より鮮明に伝えることができます。

例えば登場人物が言葉を発していないときでも、ナレーションで今何が起こっていて、登場人物がどう考えているかを説明することで、視聴者は言葉のないシーンに対する理解を深めることが可能です。

動画の演出効果

ドキュメンタリー動画にナレーションを加えることで、より動画の雰囲気を盛り上げ、視聴者の心に響く動画を制作できます。ドキュメンタリー動画は画的な演出がしにくい分、視聴者にその場の緊張感などが伝わりにくいことがあります。

そこでナレーションを入れることで、実際の雰囲気をより強く印象づけることができます。

多言語対応が可能

ドキュメンタリー動画内で使用されている言語以外の言語で内容を伝えたいときに、ナレーション音声を複数の言語で録音することで、吹き替え的な役割を果たします。ナレーション音声の言語をえらぶことができるようにしておけば、より多くの人に動画を視聴してもらえます。

ドキュメンタリー動画の制作会社
リストを見る

ドキュメンタリー動画にナレーションを入れる流れ

具体的なイメージを固める

ドキュメンタリー動画にナレーションを入れるときは、動画を先に制作します。制作された動画を確認しながら、どのようなイメージでナレーションを入れるかを検討し、そのイメージを固めます。

イメージに合わせた原稿を書く

ナレーションのイメージが決まったら、イメージに合わせたナレーション原稿を作成します。イメージした雰囲気に合った原稿を作成するのがポイントです。

ナレーションを入れる

原稿が完成したら、実際にナレーションを入れていきます。動画を再生しながらテンポや抑揚を動画に合わせ、イメージした内容と一致するようにナレーションします。

内容確認と納品

ナレーションの入った動画を視聴し、イメージ通りに制作できているかを確認します。イメージと異なる場合は入れ直しを行います。修正を繰り返しながら、イメージ通りの動画に仕上がれば完成です。

ドキュメンタリー動画のナレーションに関する注意点

読みやすい原稿を書く

ナレーション原稿を作成する際に、読み手が読みやすい原稿を作成することが大切です。句読点を適切な場所に入れ、ナレーターが原稿を読むことでイメージ通りのナレーションになるように工夫しましょう。

誰でも理解できる言葉と内容を意識する

難しい言葉や流行語などを用いると、視聴者に意味が伝わらない可能性があります。ドキュメンタリー動画のナレーションを入れる際には、年代や性別を問わず誰でも理解でき、聞いた瞬間に意味がわかる言葉や内容を意識して原稿を作成することが大切です。

ドキュメンタリー動画制作の基礎知識を確認しよう

ドキュメンタリー動画にナレーションを入れる際には、さまざまなポイントや注意点を押さえて行うことがマストです。以下の記事では、ドキュメンタリー動画を制作するうえでの基礎知識について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ドキュメンタリー動画制作の基礎知識を確認する

Pick Up
注目のドキュメンタリー動画制作会社
ピックアップ
スタジオamu
日本民間放送連盟主催の
賞の受賞歴あり
ドキュメンタリー
ブランディング
YouTubeの実績として
300万回以上の
再生数
メディア
フォーユー
2分15万円~で
依頼が可能
価格重視
クオリティ重視
ストーリー重視で
感動を与える
⻑編動画
いまバズるのが
重要!
短編動画

【選定理由】
2022年4月25日時点で、Googleにて「ドキュメンタリー動画制作」「ドキュメンタリー動画制作会社」等と検索して上位表示された24社の内、企業向けの動画制作に対応をした会社から、以下の理由を基に選定。
・10年先でも見続けられる長編動画×クオリティ重視…スタジオamu ⇒テレビ番組制作にも携わる会社×条件内で唯一、日本民間放送連盟主催の賞の受賞歴あり※参考元:スタジオamu公式HP(https://studioamu.jp/
・いまバズる短編動画×クオリティ重視…ドキュメンタリーブランディング ⇒Web掲載に特化した会社×YouTubeの実績として300万回以上の再生数あり※参考元:ドキュメンタリーブランディング公式HP(https://documentarybranding.com/
・いまバズる短編動画×とにかく安く…メディアフォーユー ⇒Web掲載に特化した会社×2分15万円~(税不明)で依頼が可能(条件内で最安)