社史・自伝・自分史

社史・自伝・自分史でなぜ
ドキュメンタリー動画が
生きるのか

短時間で魅力的に会社や人物の歴史を伝えられる

社史・自伝・自分史は、これまでの会社や社長の歩みを知るための大切な記録です。歴史が長くなればなるほど、何らかの形として残さなければならないでしょう。そのための媒体として、ドキュメンタリー動画は適しています。視覚と聴覚へダイレクトに情報を伝えるため、書籍化するよりも多くの情報を短い時間で伝えることが可能です。単に事実を時系列で並べるのではなく、視聴者の心を動かすようなストーリー性を持たせて動画制作することができれば、より多くの人の関心を集めることもできるでしょう。

採用活動や企業広報など幅広く活用することができる

制作した社史・自伝・自分史のドキュメンタリー動画は、さまざまなシチュエーションで活用することができます。たとえば、会社の周年記念を祝うパーティーや、社内の士気や一体感を高めるための社内広報用、自社の事業概要について知ってもらうための採用活動用、認知を高めるための企業ブランディング用など、動画制作した後も幅広い用途で活用することが可能です。

社史・自伝・自分史動画の
制作時に気を付けるべき
ポイント

動画を制作する目的を予め明確にしておく

動画を制作する前に、事前に目的をはっきりさせておく必要があります。社史・自伝・自分史を単に記録用として動画制作するのであれば、凝った演出は要らないかもしれません。しかし、制作した動画を企業プロモーション等にも幅広く活用するのであれば、視聴者の心に残るような演出も必要となってきます。目的によって制作方法も異なってきますので、事前にしっかり決めておきましょう。

年表や写真など必要な資料を集めて準備する

社史・自伝・自分史を動画制作するにあたって、会社や人物の歴史がわかる資料を集めなくてはなりません。歴史が古い会社の場合だと、当時の資料や画像を探すのに大変時間がかかることも想定されますので、動画制作する前にある程度これらの資料を準備しておいた方が良いでしょう。

使用する日時から逆算して制作スケジュールを立てる

会社の創立記念式典など、ドキュメンタリー動画を使用する日時が予め決まっている場合は、使用日時に合わせて制作スケジュールを組まなくてはならないでしょう。自社内製ではなく制作会社に依頼する場合、内容によっては2~3か月かかる可能性もあるため、余裕をもってスケジューリングしておく必要があります。

注目のドキュメンタリー動画制作会社
動画の方向性別にピックアップ

当サイトでは掲載しているドキュメンタリー動画制作会社の中から、求める動画の方向性別におすすめしたい制作会社を3社ピックアップ。それぞれの方向性をわかりやすくポジショニングしてみました。

ドキュメンタリー動画制作会社を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

ドキュメンタリー動画の
おすすめ制作会社をチェックする

社史・自伝・自分史のドキュメンタリー動画の事例

東海運100周年記念映像

海運業を経営する東海運の100周年を記念して制作されたドキュメンタリー動画。創業してから100年の歩みを、当時の写真と年表を交えながらナレーション付きで紹介されています。

引用元:Youtubehttps://youtu.be/nRuO1_QsT3A

プロメディカル 仕事の足跡

インプラント治療の権威、日本大学松戸歯学部教授・加藤氏のこれまでの足跡をたどったドキュメンタリー作品。幼少期から現在に至るまでの経歴が、インタビュー動画を交えながら紹介されています。

引用元:YouTubehttps://youtu.be/d7Z1J1BkG6w

デノンサウンドマネージャー 山内慎一

デノンサウンドマネージャー
引用元:サムシングファンHPhttps://www.somethingfun.co.jp/case/5480

音響機器メーカー「デノン」のサウンドマネージャー山内氏のインタビュー動画です。サウンドマネージャーという仕事や、音質へのこだわりについて、約1分の動画の中に収められています。

ドキュメンタリー動画制作の制作会社を比較する

Pick Up
注目のドキュメンタリー動画制作会社
ピックアップ
スタジオamu
日本民間放送連盟主催の
賞の受賞歴あり
ドキュメンタリー
ブランディング
YouTubeの実績として
300万回以上の
再生数
メディア
フォーユー
2分15万円~で
依頼が可能
価格重視
クオリティ重視
ストーリー重視で
感動を与える
⻑編動画
いまバズるのが
重要!
短編動画

【選定理由】
2022年4月25日時点で、Googleにて「ドキュメンタリー動画制作」「ドキュメンタリー動画制作会社」等と検索して上位表示された24社の内、企業向けの動画制作に対応をした会社から、以下の理由を基に選定。
・10年先でも見続けられる長編動画×クオリティ重視…スタジオamu ⇒テレビ番組制作にも携わる会社×条件内で唯一、日本民間放送連盟主催の賞の受賞歴あり※参考元:スタジオamu公式HP(https://studioamu.jp/
・いまバズる短編動画×クオリティ重視…ドキュメンタリーブランディング ⇒Web掲載に特化した会社×YouTubeの実績として300万回以上の再生数あり※参考元:ドキュメンタリーブランディング公式HP(https://documentarybranding.com/
・いまバズる短編動画×とにかく安く…メディアフォーユー ⇒Web掲載に特化した会社×2分15万円~(税不明)で依頼が可能(条件内で最安)