ドキュメンタリー動画は自社制作できる?

ドキュメンタリー動画制作に必要なスキル

ドキュメンタリー動画は企画力がキモ

企業PRという目的があるならば、ただありのままを映しただけのドキュメンタリー動画では不十分です。企業の本当の姿をいかに魅力的に訴求するか、企画力が問われます。

企画にあたってはまず、ターゲットを明確にしなくてはいけません。届けたい層に応じて企画も異なってくるからです。企画力はもちろんのこと、こういったマーケティングの知識も必要になります。

撮影スキルでドキュメンタリー動画の質が決まる

企業のドキュメンタリー動画は社内での撮影がメインになるとはいえ、映像作品の一種であることには変わりません。やはり、撮影者のスキル次第でドキュメンタリー動画のクオリティは大きく左右されます。本格的な企業PR動画にしたいならば、撮影時に照明を使うことも検討しましょう。インタビューが中心の場合、よりクリアな音声が求められます。

企業PR動画制作のポイントと事例をチェック

ドキュメンタリー動画は編集を経て完成する

テレビのドキュメンタリー番組などは実際に使用する分よりも長めに撮影して、その中で使える部分だけを残してつなげるいわゆる編集作業が行われています。

ドキュメンタリー動画も同様で、どんなに腕のよいカメラマンが撮影した映像でも、編集次第で台無しになってしまうこともあります。よいドキュメンタリー動画を制作したいならば編集スキルも欠かせません。

ドキュメンタリー動画制作には最小でも3人必要

以上のようにドキュメンタリー動画は「企画」「撮影」「編集」というスキルが必要になります。もちろん、1人ですべてをこなすのも不可能ではありませんが、一定レベルのドキュメンタリー動画を作りたいならば分業がおすすめです。

したがってドキュメンタリー動画には少なくとも3人のスタッフが必要ですが、企画の仕事もシナリオライターが別途参加するケースもありますし、撮影スタッフに照明係、音声係が加わることもあります。本格的なドキュメンタリー動画を作ろうと思えば、プロのナレーターなどさらに多くのスタッフが必要でしょう。

ドキュメンタリー動画に必要な機材・ソフト

ドキュメンタリー動画の制作にはまずビデオカメラは必須です。場合によっては照明、高性能マイクなども必要になってくるでしょう。また、編集作業はPCで行いますが、動画編集ソフトを使わなければいけません。動画編集にはPCのスペックもある程度以上が求められるため、PCを買い換えなければいけないケースもあります。

ドキュメンタリー動画の制作会社
リストを見る

ドキュメンタリー動画制作はプロにまかせて安心!

以上のようにドキュメンタリー動画制作にはさまざまなスキルが必要です。自社でドキュメンタリー動画を制作したいならば、まず社内にそういったスキルを持つ人材がいるのかどうかが問われます。いないならば人材確保には当然のことながらコストがかかるでしょう。

さらに、ありのままを撮影するため台本とは違うハプニングも起きやすく、ドラマなどより時間もかかります。それだけのお金と時間をかけて自社で制作したとしても、やはりドキュメンタリー動画制作を専門としている会社には及びません。費用対効果を考えるならば、ドキュメンタリー動画はプロにまかせてはいかがでしょうか。

ドキュメンタリー動画制作の制作会社を比較する

Pick Up
注目のドキュメンタリー動画制作会社
ピックアップ
スタジオamu
日本民間放送連盟主催の
賞の受賞歴あり
ドキュメンタリー
ブランディング
YouTubeの実績として
300万回以上の
再生数
メディア
フォーユー
2分15万円~で
依頼が可能
価格重視
クオリティ重視
ストーリー重視で
感動を与える
⻑編動画
いまバズるのが
重要!
短編動画

【選定理由】
2022年4月25日時点で、Googleにて「ドキュメンタリー動画制作」「ドキュメンタリー動画制作会社」等と検索して上位表示された24社の内、企業向けの動画制作に対応をした会社から、以下の理由を基に選定。
・10年先でも見続けられる長編動画×クオリティ重視…スタジオamu ⇒テレビ番組制作にも携わる会社×条件内で唯一、日本民間放送連盟主催の賞の受賞歴あり※参考元:スタジオamu公式HP(https://studioamu.jp/
・いまバズる短編動画×クオリティ重視…ドキュメンタリーブランディング ⇒Web掲載に特化した会社×YouTubeの実績として300万回以上の再生数あり※参考元:ドキュメンタリーブランディング公式HP(https://documentarybranding.com/
・いまバズる短編動画×とにかく安く…メディアフォーユー ⇒Web掲載に特化した会社×2分15万円~(税不明)で依頼が可能(条件内で最安)